お総菜やお弁当など、家で食べたものの惣菜・食品日記です。

区切り用画像ライン

つなログ

~惣菜・食品日記~

サイトマップ
index picture category store period 原材料 profile link

原材料について

食べたものの中に入ってる原材料についての覚書です。

どういう成分なのかも何もわからず口にするのは嫌なので、できるだけ調べてみました。

No 品名 説明 wiki
1 pH調整剤  
2 アカシアガム  
3 アセスルファムK  
4 カゼインNa  
5 キサンタンガム  
6 キシロース  
7 ジェランガム  
8 ショートニング  
9 スクラロース 人工甘味料。
砂糖の600倍の甘さを持つが、砂糖のように体内で炭水化物として消化、吸収はされないため、生理的熱量はゼロである。
スクラロースを摂取しても、24時間後にほぼ100%が代謝・分解されることなく排泄されるため血糖値やインスリン値にも影響を与えない。
 
10 セルロース  
11 ソルビトール ブドウ糖(グルコース)から合成されてできる糖アルコールの一種。
甘味料としては同じ重量の砂糖と比べてカロリーが75%程度と低いため、ダイエット食品・菓子などの低カロリー食品の甘味料として使用されている。しかし、甘さも砂糖と比べて60%程度しかないので、同じ甘さを得るためには砂糖よりも多く加える必要がある。
また、水に溶解する際に吸熱反応を起こし口の中でひんやりとした感触がすることから、飴・ガムやスナック菓子などに清涼剤として用いられる。
 
12 たん白加水分解物 コクやうまみをもたらす目的で加工食品に使われているアミノ酸混合物。
食品衛生法では食品添加物に指定されていないが、JAS法で表記が義務づけられている。
 
13 デキストリン 粉状化粧品の固形化や、エキスの顆粒化、粘度の調整、皮膚への吸着剤として用いられている。人体には、便秘解消やダイエットの効果もあるとされ、健康食品やスナック菓子類にも利用されている。  
14 塩化K  
15 果糖ぶどう糖液糖  
16 還元水飴  
17 希少糖  
18 酒精 読み方→シュセイ

エチルアルコールの事。
 
19 消化性デキストリン  
20 食用パーム油  
21 食用動物油脂  
22 増粘多糖類 様々な食感やとろみを調整するために使われる粘性の高い多糖類の事。  
23 脱脂濃縮乳  
24 天日塩  
25 難消化性デキストリン 「消化しにくいデキストリン」ということで、水溶性の食物繊維の一種。
食事と共に摂取することにより小腸での糖や脂肪の吸収を抑え、食後の血糖値や血中中性脂肪値の急激な上昇をおだやかにする効果がある。
 
26 乳脂肪  
27 発酵調味料 穀物を原料にアルコール発酵により調製した調味料。  
28 粉末植物油脂  
29 米粉  
30 膨張剤  
区切り用画像ライン 区切り用画像ライン
inserted by FC2 system